誰でもできるリサイクル法を学ぶサイト

>

小さなことから始めよう

すべてのごみを燃やさない!

ごみはまとめてごみ箱に捨てることは当たり前ですが、何でもかんでも一緒に捨ててしまってはいけません。
ごみの中には、リサイクルできる資源物と呼ばれるものがたくさんあります。
みなさんが知っている通り、缶、瓶、牛乳パックや段ボール、ペットボトル、衣類などが挙げられます。

これらの資源物を、燃えるごみと一緒に出してしまっている人もいるでしょう。
しかし、燃えるごみとは袋と日にちを分けて出すだけで、リサイクルしてもらえるのです。
それほど溜まるものでもないので、ひと月に一度でも構いません。
環境のことを少しでも考えて、是非実践してみてください。
スーパーマーケットでも一部回収しているので、買い物ついでに持って行くのも良い方法です。

リサイクルする習慣

住んでいる地域の中で、廃品回収車が定期的に回って来る日があるかと思います。
その日を逃さずに、新聞や雑誌をまとめて回収してもらいましょう。
家の前に置いておくだけで、手軽に回収してもらえます。
これを習慣化してしまえば、自然とリサイクルの活用ができてきます。
また、街中で回収場を設けている業者もあるので、通勤や買い物の途中などの都合の良い時に利用すれば、手間はかかりません。

数ある学校の中には、自動販売機の横にデポジットの機械が設置されているところがあります。
飲み終わった缶や紙コップを入れると、10円ほどが返金されるというシステムです。
自然と利用する習慣もつき、リサイクルの意識も身に着けることができる、画期的な取り組みです。