誰でもできるリサイクル法を学ぶサイト

>

新聞紙の使い方いろいろ

身近なものをリサイクル

自宅で料理をする際に、ちょっとした工夫で効果的にリサイクルを活用できます。
普通は捨ててしまうにんじんや大根などの野菜の皮や葉っぱは、食べられるものもあります。
十分加熱したり味付けを工夫することで、捨てずに使えるのです。
料理の量をかさ増しすることができ、生ごみも減らせるなど、他にも十分なメリットが得られます。
また、植物を育てる時の肥料としても代用できるので、料理を使うのに抵抗があるという人はそちらを試してみてはいかがでしょうか。

読み終わった新聞は、水や油を吸わせたり、汚れ防止に床に敷いたりと、アイディア次第で使い方は無限に広がります。
あとは、服の切れ端やストッキングは拭き掃除に最適です。
このように、意外と身近なものを簡単にリサイクルに活用できるのです。

一人一人が考えること

リサイクルをしようとすると、手間がかかって面倒なものだと思いがちです。
しかし実際は、身近なものを工夫して再度使ってみたり、積極的に資源の回収に協力するだけなどと、至ってシンプルなことばかりです。
リサイクルを効率的に活用すると言っても、それほど難しく考える必要はありません。
些細なことから気軽に始めていきましょう。
そうすれば、自然とリサイクルを活用する習慣がつき、地球の環境に対する意識も持てるようになるはずです。

地域やスーパーの資源物回収や、廃品回収、服の引き取り、中古品の売買など、周りをよく見てみると、リサイクルを活用しようとする社会の動きが思いの外多いと思いませんか?
それを無視するのではなく、私たち一人一人も真剣に考えて協力しなければならないのです。